消費税10%になる予定なので注意してください。

パナソニックホームズさんから頂いた資料を見て、あらためて気づきました。

2019年10月から消費税率10%へ

要点は

①2019年10月1日から消費税10%に(予定通りなら)
2019年3月31日までに新築住宅請負契約を締結すれば、10月1日以降に引渡されても8%OK(経過措置)
③経過措置後に追加工事が発生した場合、追加工事分だけは10%になる

期日間際には予想外のトラブルも

不動産の営業も消費税をトークの一つとして契約を迫ってくると思います(笑)つい不要な契約をしないように気を付けてください。

駆け込み契約が増えてくるので、契約、住宅ローン審査、建築確認申請すべてに時間がかかります。スケジュールに余裕がないと、期日を経過する可能性も。契約が増えれば建築も増えます。人件費や建材の高騰があるかもしれません。

不動産で消費税がかかるものは?

所有者が法人の建物にだけ消費税がかかります。契約書を確認してください。
売買契約2,000万円の8%(1,600,000円)ではありません。
(例)
土地価格10,000,000円・建物価格10,000,000円【内消費税740,740円】

自宅を売却するなど、個人が売主の場合には消費税は掛かりません。

賃貸で言えば、住居契約にはかかりません
事務所として使っている場合には、消費税がかかる場合があります。


守谷市エリアの賃貸専門

豊富な自社管理で他店では取り扱わないお部屋をお探しできます。 気になる物件やその他、どうぞお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。