不動産査定書の作成

不動産営業マンの重要な仕事の一つに、【査定書】の作成があります。

売却希望者からの依頼だけではなく、意外と多いのが弁護士からの依頼。

遺産分割や債務整理などの場合、裁判所から不動産査定書の提出を求められます。
各役所では固定資産税評価額を把握しているので必要ないと思いますけどね。

売却希望者であれば取引につながる可能性もありますが、弁護士から依頼は、ほぼ100%取引につながらない。
本来は人が動けば料金がかかる。でも依頼人から取れないこともある。だから、弁護士さんも依頼先がなく困っているようです。

私のところには、弁護士数人から年に数回依頼があります。もちろん無料。いざという時に助けてもらえればOKです。

査定書と言えば、大手不動産仲介会社の査定書を見せてもらいましたが、ボリュームがすごい。

純粋に査定書としたら1枚ぐらいですが、周辺状況、経済状況、会社案内も加わり、A4サイズ20枚ぐらい。

査定書の出来で、不動産会社の良しあしを図ってもいいかもしれません。

その後のセールスが面倒ですが。


守谷市エリアの賃貸専門

豊富な自社管理で他店では取り扱わないお部屋をお探しできます。 気になる物件やその他、どうぞお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。