被災された場合の住宅ローンは、整理・減免できます。

被災された方の生活再建の一助になるのではないでしょうか?

私自身も初耳の制度で、あまり利用されていないようです。
住宅ローン残債・火災保険金額・今後の計画、検討の上、必要であれば積極的に使っていきましょう。
これからという時に、借金が足かせになっては元も子もありませんので。

被災ローン減免制度

利用条件

①個人の借金
②延滞をしていないなど取引状況が良好
③今後返済ができない、難しい(生活が苦しくなる)

メリット

ブラックリストなどに載らない為、新たに借り入れが可能
現預金500万円+保険金義援金など250万円は、手元に残せる
③連帯保証人に迷惑をかけない
弁護士費用が無料

手続き方法

①銀行に【自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン】の着手を希望と申し出る
②銀行は申し出から10日以内に、同意か不同意の回答を債務者にする
③同意をもらったら、【各地弁護士会(例えば広島)】に登録している弁護士に登録支援をお願いする
④弁護士に協力してもらい、目録等を作成、簡易裁判所へ調停の申し立てを行う
⑤裁判所にて調停の確定。

注意事項

金融機関の同意が必要。不同意の場合には、専門機関に相談


守谷市エリアの賃貸専門

豊富な自社管理で他店では取り扱わないお部屋をお探しできます。 気になる物件やその他、どうぞお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。