心理的瑕疵

自宅のインターフォンが勝手になります。

昼間は異常ないのですが、夜中の2時(一般的に【丑三つ時】と言われる不吉な時間)になります。家族が怖がってしまうので電源を切って寝ていますが、切り忘れた昨日はなりました。もちろん夜中の2時に。

心理的瑕疵

事前に分かっていれば借りなかった(買わなかった)という欠点の事。例えば、自殺・事故は有名な例ですが、近くに暴力団事務所があるなども該当します。その他有名な例では、

・隣人の騒音問題で退去した事を告げていない

・ペットアレルギーだと告げたにもかかわらず、ペット可物件だった

何が心理的な瑕疵かは個人の価値観によりますので、過去に泥棒に入られた等トラブルになりそうな内容であれば、告知しています。

お化けはどうするのか?

「なぜあの物件にしなかったのですか」

「和室のスミに女の子がいたので」

「。。。。。」

他社管理の物件なので、現在は紹介しないようにしています。

「風水上ではダメな物件」と言われたこともあります

法律的には瑕疵に該当しないと思いますが、扱いに困ります。

冒頭の事例、とりあえずインターフォンを交換します。それでもなるようなら、告知義務に該当しますよね。。。


守谷市エリアの賃貸専門

豊富な自社管理で他店では取り扱わないお部屋をお探しできます。 気になる物件やその他、どうぞお気軽にご相談ください。