空き家と火災保険

空き家は火災保険に入れない?

空きテナント物件を保有するオーナーが「火災保険を更新できないと言われた」と相談に来ました。

理由は、「空き家」だから

恥ずかしながら初耳なので、取引のあるチャブ損害保険の担当者に相談。要約すると、こんな感じ。

①空き家は放火や不審火などのリスクが高く、保険の引き受けをしない。

②社内稟議で特例として受け付けることも。しかし1年契約で更新はしない。

③保険契約中に退去空き家になった場合は、契約が切れるまでは有効。

普通の住宅は?

普通の住宅でも例外は無し。仮に受け付けたとしても「一般物件」扱い。「一般物件」とは、住宅に比べて料率(保険料)が高い契約。入居者が決まり次第、解約をして「住宅物件」として契約をし直す必要があります。

空き家問題がクローズアップされる昨今ですが、火災保険の面からも対応が急務です。


守谷市エリアの賃貸専門

豊富な自社管理で他店では取り扱わないお部屋をお探しできます。 気になる物件やその他、どうぞお気軽にご相談ください。